花屋のアルバイト内容

花屋でのアルバイトは、初めは掃除や水やりから始まります。掃除は良いのですが、この水やりも簡単なものではなく、品種によって違います。例えばガーベラなどの花が上部にあり、茎が長い物は、水そのものの位置を低く保たなければなりません。
これは、茎の方まで水をあげてしまうと茎が傷んでしまい、途中で折れてしまうのです。このような知識を1つずつ覚えながら花屋でのアルバイトがはじまります。

次に花屋の重要な作業にカードを書く仕事があります。
これはネットや電話で受け付けた注文に心のこもったカードを添えてお花と一緒に送るためです。手書きのお店もあれば、パソコンで印刷する所もあり、アルバイトが中心となって行う作業になります。これを間違えてしまっては、大変な事になるので母の日などの繁忙期は大変気を使う作業です。
梱包する時も、水が出ないよう、かつ枯れないように、丁度の水加減を見て養生します

伝票などもバイトの最初の仕事となります。近場の配達なども任されることがあります。ひと通りの雑務がこなせるようになり、お花の知識が頭に入ってくる頃には、何となく先輩方が行なっているアレンジも見よう見まねでできるようになってきます。
アレンジにも法則があり、マスと呼ばれるおおぶりの花は、下に来るように、季節やそのお客様の状況やリクエストに応じて、お花を選んでアレンジしていきます
お花の知識を身につけたい方やお花が大好きな人には楽しいお仕事だと思います。